一年で英語が話せるようになる勉強法はこちら
英語コラム

国によってこんなに違う!癖の強い各国の英語訛りを集めてみた

海外の非英語圏で英語を使うと、一口に英語をいっても様々な英語が存在することに気づきます。

特に東南アジアでは独特の癖が強く、アメリカ英語やイギリス英語をマスターしていても最初は戸惑うかもしれません。

実は英語というのは「非ネイティブ」の英語スピーカーの方が圧倒的に多く、今後もその割合は増えていきます。

だからといっていきなり癖のある英語を学ぶ必要はありません。最初に基本を押さえてから応用を学べばよいです。

ただ、「世界にはいろいろなタイプの英語がある」ことを知っておいて損はないでしょう。各国の癖がわかれば、各国の人と話した時に役立つかもしれません。

この記事では世界、特に東南アジアの癖の強い英語を集めてご紹介します。

もはやネイティブは稀少?世界の英語人口の約8割は非ネイティブ

少し古いですがHarvard Business Reviewが2012年に取得したデータによれば、世界には17.5億人の英語スピーカーが存在しています。世界の4人に1人が英語を話せるということです。

さらに面白いのは、そのうちネイティブスピーカーは22%の3.9億人しかおらず、残りの78%は非ネイティブという部分。

2012年のデータでこの状況です。グローバル化が進んだ現在ではさらに英語人口の内、非ネイティブが占める割合は増えているでしょう。

 

世界の英語

これからの時代は非ネイティブの英語が中心(?)になっていくのかもしれません。でも、非ネイティブの英語と言っても一筋縄にはいきません…。

ということで、世界の中でも特に癖が際立っている英語(ある程度の話者がいるのが前提)を集めてみました。もちろん、その国のすべての人がこのような発音をするわけではなく、中にはネイティブと遜色ない綺麗な発音の人もいます。

あくまでも「傾向」としてご理解ください。

 

フランス英語

フランス語の発音は非常に癖があり、鼻の奥を使うような他の言語には無い独特な発音が使われます。

この癖が英語になっても抜けない場合が多く「英語なのにどこかフランスっぽい」英語になります。

 

ロシア英語

ロシア人の英語も癖が強く残りがちです。ロシア語ははっきりしたわかりやすい発音が特徴です。そのため英語もストレートにアルファベット表記のまま発音しがちです。

日本語もわりとはっきりと発音する言語なので、日本人にとってはロシア人の英語はわかりやすいかもしれません。

どうでもいい話ですが、昔「メタルギアソリッド」というゲームが大流行しました。その中で出てくるロシアスパイの英語が見事に訛っていたのを懐かしく思い出します。

 

中国英語

世界最大の人口を抱え、経済も発展している中国。世界で最も英語を話す人が多い国になる可能性もあります。

そんな中国人の英語ですが、日本人と同じかそれ以上に癖が強いです。中国語は独特の子音を持っているため、ところどころその癖が英語にも残ってしまうようですね。

訛りの激しい中国英語は時折中国語に聞こえてしまうほどです。

 

シンガポール英語(Singlish)

東南アジアの中で唯一の先進国、シンガポールの公用語は英語です。貿易や金融の中心として栄えるため、独立当時から英語を公用語として推進してきました。

ただ、シンガポールは元をたどるとマレーシアの華僑組がオリジン。ネイティブなわけではなく、そのためか独特の英語が発達しました。

Singlishとも呼ばれるその英語はどこか中国語っぽさを残しつつ、さらに独自のスラングが混ざっています。

もちろん彼らは話そうと思えば綺麗な英語を話すことは可能ですが、いきなりシンガポーリアンの集団の中に押し込まれると本当に何を言っているかわからないこともあります。

 

マレーシア英語(Manglish)

マレーシアも公用語はマレーシア語と英語であり、テレビでは英語番組も多く流れます。しかし、マレーシア人の英語もシンガポール人同様になかなか癖があります。

独特の中国語っぽいイントネーションに加え、文末に「Lah」が何度も付きます。シングリッシュでも「Lah」は登場しますが、マレーシア人の英語マングリッシュではさらに激しくLahが付く印象です。

 

インドネシア英語

世界第4位の人口を抱えるインドネシア。英語が苦手と呼ばれるインドネシアですが大学を出るような人たちはけっこう話せたりします。

インドネシア語はマレーシアと同じマレー語をルーツに持ちますが、インドネシアの英語がこれまたマングリッシュとは異なる独特な音を持っています。

マングリッシュは中国系の訛りが残っている感じですが、インドネシア英語はマレー語の訛りが強く出ている印象です。

Vの発音をフィーと発音したりするため、文法的にはすごく正しくても何を言っているかわからないことがあります。

 

インド英語

昨今増える「世界の英語」の中でも特に難解、でも最重要と言われているのが「インド英語」です。

世界第2位の人口を抱えるインドはIT技術者産出国であり、世界経済との関係性も年々強くなっています。世界ではIT系企業に入ったら上司がインド人、なんてことも増えてきました。

ただ、彼らの英語が独特すぎてかなり難解です。

独特の発音に加え、英語のリズムがほぼ消えた不思議なリズムで話します。

ネイティブに言わせても「聞き取るのが難解」と言わせるインド英語。マスターすればある意味英語に加えて「第3言語」並みの価値を発揮するかもしれません。

 

何はともあれまずは基本を学ぶことが一番大事

いかがでしたでしょうか?

英語の訛りが残っているのは何も我々日本人だけではありません。日本人は「日本語の癖が抜けなくて恥ずかしい…」という人もいますが、他の国だってみんな同じです。多少の訛りなど気にせず、積極的に英語を使っていく方が大事です。

いやー、それにしても国によって本当に英語って変わりますね(笑)

ただ、どれだけ非ネイティブの話者が増えようともネイティブのスタンダートな英語が中心であることは変わりません。

基本を知る前から応用を練習する必要はないです。

でも、機会があればたまに「癖が強い非ネイティブ」との会話にトライしてみるのも良いかもしれません。

蛇足ですが、オンライン英会話のDMM英会話だと世界中の英語講師と話すことができます。

難解なインド英語の先生もたくさん所属していました(でも皆さん割と発音が綺麗…さすが講師)。

DMM英会話のインド人講師

インド赴任前など、海外赴任前の準備として使えるかもしれませんね。

興味がある方は公式サイトを覗いてみてください。

テキストのコピーはできません。