一年で英語が話せるようになる勉強法はこちら
学習法&教材

英語初心者必見!リスニングはVOAを使ったディクテーションがおすすめ

初心者がまず英語の音に慣れるためにはディクテーションと言う学習法がおすすめです。

VOAというウェブサイトを使えば無料で良質なディクテーション学習ができます。

このページではディクテーション自体の説明と、VOAの使い方について紹介します。

英語初心者が英語をただ聞き流しても効果は無い

英会話は相手の言っていることを理解できなければ成立しません。理解するためには単語を聞き取る能力が必要です。

世の中には聞き流すだけで英語が理解できるようになった!という教材がよくありますが、「そんなわけないでしょ」といつも思います。

聞き流して英語を理解するためには、文法や単語、聞き取りの能力に対するそれなりの事前学習が必要です。

事前の学習が無い中で聞いたところで、英語の音に気持ちが慣れることはあっても内容を理解することはできません。頭に文章が入ってこない限り、それはただの音の塊で英語ではありません。つまり英語耳は鍛えられません。

海外に数年住んている人でも、その国の言葉を話せない人はけっこういます。このことからも英語初心者が英語音声を聞き流すだけで話せるようになることはない、ということがわかります。

 

初心者にはディクテーションがおすすめ

初心者の方の英語リスニングの学習法としては「ディクテーション(dictation)」という学習法がおすすめです。

ディクテーションは「口述筆記」とも呼ばれることもありますが、簡単に言うと「聞いた英語を理解できるまで聞き込み、実際に書き落とす」学習法です。

英単語の音、そして単語と単語がつながった時の音の一つ一つと向き合うため、ある程度続けると英語独特の音に慣れ、聞き取れるようになります。

 

ディクテーション教材は無料のVOAで十分

ディクテーションをするためには「英語スクリプト付きの音声教材」が必要です。聞き取り、書き取った後に答え合わせが必要なので、スクリプトは必須です。

そして嬉しいことにディクテーション学習にはうってつけの教材があります。しかも無料です。

「Voice of America Learning English」というWebサイトをご存じでしょうか?

 

Voice of America、通称VOAはアメリカ国営放送で、世界中の英語学習者のために様々な英語素材を提供しています。

Voice of America Learning Englishは特に初心者向けに作られており、時事ニュースを英語スクリプト付きで音声で発信しています。

さらにありがたいことに、Voice of America Learning Englishでは初心者が最初に覚えておきたい単語「1500単語」のみで構成されており、ニュースキャスターもゆっくりとした速度で話しています。

極め付けはプロが話しているので発音がものすごく綺麗で、会話文などのように音の切れがありません

これぞ無料でありながらも完璧な初心者向けのリスニング練習教材なのです。アメリカ恐るべし。

 

ディクテーションの学習方法

まずはVoice of America Learning Englishから教材を選びます。レベル別になっているので自分に合ったレベルを選びましょう。

紙とペンを用意し、音声を流しながら書き取っていきます。その際にスクリプトは見ないようにしましょう。

Voice of America Learning Englishではフレーズごとに少しの間があるため、ある程度のフレーズの塊ごとに音声を止めて書き取っていくと良いでしょう。

一度音声を流し終わった後に、わからないところがある場合はさらに音声を再生してトライします。

トライの回数に制限はありません。「どうしてもわからない」と感じた場合はそれ以上繰り返してもあまり意味はありません。知らない音は聞き取れないからです。

最後にスクリプトを実際に見ながら音声を再生し、書き取った英文と比べていきます。特に下記2点に注意して確認していくとよいでしょう。

・聞き取れなかった音
・何度も繰り返して間違える音

この2つはきちんと自分でも意識し、知識として埋めていきましょう。アルファベットの並び、意味、音の3つが重なれば次からは聞き取れるようになります。

まとめ

Voice of America Learning Englishの場合、1回の音声がだいたい3分程度ですので30分も確保できれば1回の学習は終わります。毎日続けて一ヶ月で30本の音声を聞いてみると、それだけでもだいぶ耳が鍛えられてきます。

英語の音が全然聞き取れないという方は、まずディクテーションに一ヶ月間チャレンジされてはいかがでしょう。